さよならリメンバー

  • 2014.10.31 Friday
  • 15:16


「ありがとう、お元気で」
最後に抱きしめる
夢は覚め 心揺れて
時間の波にさらわれ
いつまで僕ら ここにいられるのかな
またひとり、またね、バイバイ

もうここから進む道が別々に分かれても
あぁあの人なら きっとこう言うだろう
大丈夫、って、ほら笑うだろう

リメンバー
これはただのさよならだよ
素直な場所へ帰るのさ
アダムとイブに会いにゆこう

知ってるよ でも知ってるよ
その胸に残しているもの
やわらかくて まだあたたかくて
気付いて欲しいけど 飲み込むんだろう

錆び付いた痛みなんか
空に放り投げて
さぁ行こうぜ
この空から また涙が降って
ぬかるんでいたって

リメンバー
それはただのはじまりじゃない
なぁ苦しかったろう
なぁ悔しかったろう
泣けた夜もあるだろう
でも君はひとりじゃない

大丈夫、人間って
とてもかわいいものだから
愛したことを思い出せば
ほら、愛しき日々にも変わるんだ

沖縄に雪が降る
砂漠にビルが建つ
確かなものなんて
ロックスターにさえもわかんないんだ
変わってゆくあの人も
離れてくあの人も
いつか許してあげれるよ
いつか笑って話せるよ
it's all right?

「おかえり、また逢えたね」
最初に抱きしめた




【プチ解説】
毎年必ず、今年の代表曲ならコレ!と言える曲は残しておきたくて、そんな心意気のもとに書いたこの新曲なのだけど、考えてみればそれは自分で決めれることではなくて、周りが勝手に決めてくれること。
だから巣立ったばかりのこの曲がどこへ行くのか、その行方は分からないけど、きちんとした場所へ着地させるべく、大事に育ててゆきたいと思っている。
思い出は大事だけど、人間いい思い出ばかりではない。
思い出が足枷になって前へ進めなくなる時だってある。
だから、時に思い出にすらさよならを言わなきゃいけないこともあるんです。
そしてそんな過去を越えるという意味では『月にさけべ!』を越えるハイジャンプを見せれる曲なんじゃないかと思っています。

そしてこの曲を作るにあたって力となったのは、僕がちょっと大変な時に、ナオトさんが次にどんな新曲を作ってくるのか本当に楽しみです、と言ってくれたサポートドラマーの木本泰平くんの言葉がペンを進ませてくれたことをここに記しておきます。
ありがとう、泰平くん。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

鈴木ナオト twitter

facebook

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM