巨乳と漢字を考える

  • 2014.12.24 Wednesday
  • 23:22


巨乳。きっと男なら大多数の人間が魅力を感じずにはいられない響きだと思う。
少し前ならケータイで巨乳と打っても漢字変換ですぐに巨乳とは出てこなかったのに、自分のiPhoneで打ってみるとすぐに巨乳と漢字変換されたので、文献的にも公式な名称として認められてきたのかもしれない。
けれどももう少し掘り下げてみようと辞書で調べてみると、巨砲とか巨峰は出てくるが、やはり巨乳は出てこない。
残念だ。やはり文献的に認められたというのは早計過ぎた。
というか、性なるクリスマスの夜に何を調べてるんだ、という感じである。
あ、間違えた、聖なる夜だった。

それにしても漢字というのはきっと男が作ったものなんだろうな、と僕は思う。
例えば「好」
女と子供を合わせて“好き”と書く。
女子供は可愛い、大事にすべし、とも捉えられるし、単純に男が女子を好きだからそれをくっつけて“好き”としたとも考えられる。
それから「始」
女を台にして“始める”と書く。
これは何だ、ずいぶんと男尊女卑的で偉そうな漢字だ。
女を台に、、、これは考えようによってはかなりいやらしくも見えてくる。

いやらしいと言えば「狙う」という漢字もなかなかだ。
編と作りを切り離して眺めてみると、後ろからケモノを狙う“目”がかなり陰険でいやらしく見えてくる。
それから「娘」
良い女なら“娘”になるが、女もあまりに兼ねすぎれば“嫌”になる。
ひと文字ではないが「愛撫」もそうだ。
愛があれば手なんか使うな、という意味だろうこれは。え?違うのか?

しかし何だ、こうして書き並べてみると、何だか本当に漢字は男の都合のいいように作られたような気しかしてこないが、なるほど!と思わず唸るのは「母」という漢字である。
女に種を付けてそれを大事に囲ってあげると一転して“母”となる。
母という漢字をじっと見つめていると、身重な女がゆっくりと歩いている姿に見えてくるから不思議だ。
これは我ながら素晴らしい発見だと思う。

そこで巨乳、すなわちスーパーフルーツの話である。
前置きが長い割にはかなりどうでもいいことを書いているような気がしてきたのだが、ここまでくるともう止められないのでもう少し続けることにする。

今日、ある居酒屋で彼氏連れのものすごい巨乳の子がいて、これがまた結構可愛い女の子だったのだが、テーブルの高さと椅子の高さの関係上、向かい合う彼氏と前かがみになって話す際、そのスーパーフルーツがテーブルに乗っかっている姿が何ともエロく、それがもしその女の子が意図的にしていることなら、それは往年のプロレスラー、アブトーラ・ザ・ブッチャーが、試合開始早々パンツの中から長いフォークを取り出して、テリーファンクを痛めつけるくらい反則行為なんじゃないかと思った。
もし僕がレフリーなら、さっさとゴングを鳴らしてそのスーパーフルーツを取り上げるだろう。

傍にいた友人はその光景を見て、
「あれはクリスマスプレゼントですかね」
と呟いたが、そんなワケはないだろうバカやろう。
なんてナンセンスなことを言い出すんだ。
けれども今宵は何と言ってもクリスマスイヴ。
たかだが安居酒屋で、何が食べたい?なんて優しく聞いているそのヤサ男が、まるで一品料理のようにテーブルの上に乗っかっているその巨乳を見て、実際にどう感じていたかは分からないが、僕が本当に食べたいのはそのスーパーフルーツなんだよ、という心の声が確かに聞こえてくるようであった。

巨乳の女の子は、カシスオレンジを飲みながら美味しい!と笑う。
彼女の笑顔が嬉しいのか、彼女の巨乳が嬉しいのかは分からないが、彼氏はそれを見てとても嬉しそうだ。
そう、女が喜べば男は嬉しい。
女が喜ぶ、と書いて「嬉しい」とは、
まったく粋な漢字を考え付いたもんだと思う。

大人も子供もメリークリスマス。
巨乳にもメリークリスマス。

巨乳はやっぱり罪だと思う。
バカだな、男って。
ワンダフル。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

鈴木ナオト twitter

facebook

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM